椿ランドロゴ
営業時間
サイドメニュー
アトラクション
キャラクター
パレード
ショッピング
レストラン
サービス施設
マップ
QアンドA
カレンダー
交通アクセス
安全の為に


椿ラインとは


沿革

椿ライン(神奈川県道75号湯河原箱根仙石原線)は神奈川県足柄下郡湯河原町と箱根町を結ぶ主要地方道です。1920年(大正9年)4月1日 箱根真鶴線を旧道路法の規定により県道認定されました。

概要

総距離:38.8 kmにもなる峠道。湯河原町からはオレンジラインを登った先にあります。椿ライン起点は温泉街で終点は大観山を降りた箱根関所南までになります。春先になると道沿いに椿が咲くことから椿ラインと呼ばれる。観光とは別に走りのメインは真中付近の中央分離帯からしとどパーキングまでで分離帯から下は温泉街もあることから自粛エリアとなっています。
しとどから上の大観山までのコースもあり高速コーナーが続くこのコースを好んで走るドライバーやライダーも存在します。

椿ラインは有料道路でなく一般道であるため車やバイク以外にも自転車や歩行者も通行し路線バスも通っている事から早朝に走る人も多いです。

人気漫画、頭文字Dのラストを飾る舞台となりゲームでも椿ラインが取り上げられこの場所の存在が広く知られるようになりました。その影響で週末は交通量が増えております。

時間帯

バイクは日の出からクルマは日没からと走る時間帯が別れています。
  • 早朝の部:本気組バイク・クルマ 所要時間:片道3分台
  • 昼の部:雰囲気組バイク・クルマ 所要時間:片道4分台
  • 夕方の部:本気組バイク 所要時間:片道3分台
  • 夜間の部:本気組クルマ 所要時間:片道3分台
※所要時間はしとど〜分離帯までの椿ラインメインコースです。